会社案内

代表者あいさつ

約370年の歴史から、仕入れソースサイドとクライアントサイドの信頼

 慶安元年(1648年)、九州・福岡に誕生した「香具屋」。これが児島洋紙の前身です。塗料や薬類、呉服と様々な商いを手がけた後、明治の時代、八代目児島善三郎信真が日本の洋紙需要の伸びを予測し、洋紙の取引を始めることを決意しました。以来、紙問屋を生業とした児島洋紙は、多くのお客様に信頼いただける企業として成長いたしました。
 この間、国内メーカーとの取引でその時代々に要求された紙を取り扱ってきたと同時に、海外の仕入れソースも開拓。また特に慎重を要する新聞用紙の取り扱いも行っています。 信頼。それは、紙にこだわり、お客様に誠心誠意を尽くしてやってきた老舗だけが手にできる、最高の宝です。
 創業から約370年を経て、福岡を起点に全九州、さらには関東以西にまで商域を拡大しています。近年では、欧州メーカー及びアジアンメーカーとのサプライスソースを拡充し、世界各国のローカルディストリビュータとの提携を積極的に構築、推進しています。新世紀を迎え、私たちは歴史に裏打ちされた信頼に、世界との新たなるネットワークをプラスします。
 
取締役社長 安部 城治

会社概要

会社名児島洋紙株式会社
所在地〒810-0802 福岡県福岡市博多区中洲中島町2番1号
電話番号092-291-1331
FAX番号092-271-2638
代表者
取締役社長 安部 城治
創業・設立
1648年(慶安元年)香具屋創業
1926年合名会社児島洋紙店創立
1955年株式会社児島洋紙店に組織変更
1989年児島洋紙株式会社に組織変更2005年11月01日
資本金
4,800万円
業務内容
(1)紙類の販売
(2)前項に付帯関連する一切の業務業務内容
営業所
箱崎デポ/北九州営業所/長崎営業所/鹿児島営業所/東京事業部
主要営業品目
アート紙・コート紙・微塗工紙・上質紙・中質紙・新聞用紙・情報用紙・コンピューター用関連用紙・純白ロール・ファンシーペーパー・特殊紙・板紙・和紙・紙加工製品・パッケージ・段ボールケース・ティッシュ・手帳・輸入紙他

沿革

沿  革

1648年
(慶安元年)創業
明治初期
九州での紙需要の基礎を築く
1926
合名会社児島洋紙店 設立
1954
小倉営業所 開設
1955年
株式会社児島洋紙店に組織変更
1956年
本社ビル竣工(現本社ビル)
1963年
北九州5市合併により、北九州営業所に組織変更
1973年
長崎営業所 開設
1974年
北九州営業所 移転
本社 那の津倉庫 開設
1980年
鹿児島営業所 開設
1989年
児島洋紙株式会社に組織変更
1990年
東京事業部 開設
1992年
本社 箱崎第1デポ 開設
1995年
長崎営業所 移転
2000年
東京事業部移転
本社 箱崎第2デポ 開設
2001年
鹿児島営業所 移転

児島洋紙 株式会社

児島洋紙株式会社
児島洋紙株式会社
〒810-0802
福岡県福岡市博多区中洲中島町
2番1号
TEL.092-291-1331
FAX.092-271-2638
1.(1)紙類の販売
 (2)前項に付帯関連する一切の業          務業務内容